職場や夫の理解があるとベスト

仕事をしている女性が育児のために時短勤務をするためには、周りの理解が欠かせません。
(時短勤務についてはこちら
では、一体どのような環境こそが、時短勤務を取得しやすいと言えるのでしょうか。
まず1つ目として、同じような働き方をしている先輩がたくさんいるということが望ましいと言えます。
周りの人々も、子育てのために早く帰る同僚や先輩を多くみてきているので、それが当たり前だと思っていますし、毎日後ろめたい思いをせずに退社することが出来ます。
次に、上司の理解があるということです。
きちんと子育ての大切さや大変さを理解していて、一定期間は短い時間の勤務をしても当たり前だという認識を持ってくれていることが大切です。
子育ての大変さを全く理解していない上司がいれば、時短勤務は非常に取得しにくいものとなるでしょう。
そして大前提として、制度が会社の規定に組み込まれているかどうかというのも確認しておきましょう。
規定に組み込まれていなければ、自主退職に追い込まれる事態になりかねません。
そして最後に、いっしょに子育てをするべき夫の理解を得ることも大切です。
妻が仕事に折り合いをつけて子育てをしてくれているから、思い切り仕事をしたり残業したりすることが出来るのだという感謝の気持ちを持つ夫を持ってこそ、安心して仕事と子育ての両立をすることが出来るのです。
妻が子育てをする代わりに、日々の家事全般は夫が多めに行うというのも良い方法かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です