時短勤務のメリット

看護師の中には育児に専念しなければならないために、退職した方も多いのではないのでしょうか。
結婚、妊娠、出産は人生の一大イベントでもありますが、なかなか育児と仕事を両立することは簡単なことではありません。
勤務時間がバラバラなので、小さな子供を育てるお母さんにとって看護師を続けることが困難だと感じてしまうため、退職の道を選んでしまうのでしょう。
ですが、誰もが働きやすい環境を整えている医療現場も多くあります。
ブランクができないように子供を持つ女性の時短勤務体制を導入しているところがあります。
時短勤務のメリットは、長い間拘束されることがない点が挙げられます。
子供の世話、家事に加え、保育園への送り迎えをするお母さんにしてみれば、仕事と子育ての両立は想像以上に難しいことです。
時短勤務であればサラリーマンの定時時間である8時から5時の働きやすい時間にシフトを組んでもらえます。
中には、自分の好きな時間帯を優遇してくれるところもあります。
パートやアルバイトと違い、短時間正職員は通常の正職員と福利厚生が変わらないところが魅力です。
時間的にも経済的にも余裕が持て、何より自分自身が家族や子供に精神的な負担を掛けることなく時間を使うことが出来ます。
余裕が持てると仕事にも子育てにも良い影響を与えます。
ゆったりした気持ちで子供と接すると、子供の情緒も安定します。
このように看護師の短時間制度はたくさんのメリットがあることが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です